ニキビの悩み

ニキビといえば思春期特有の悩みだと思われてきました。毛穴の中に皮脂が溜まることで菌の繁殖しやすい環境ができてしまいニキビとなるのです。皮脂が毛穴に詰まるのは、皮脂が過剰分泌するためです。皮脂というのは天然の保湿因子であり人間にとって必要なものです。しかし、思春期というのはホルモンのバランスが乱れてしまい男性ホルモンが過剰分泌します。そのため皮脂が活発に分泌されるようになりニキビができてしまうのです。ホルモンバランスが落ち着く20歳前後でニキビは落ち着くものであると考えられていましたが、最近では大人になってもニキビに悩まされる人が増えています。

大人になってニキビができるのは男性ホルモンの分泌を過剰にする状態が起きた時です。強くストレスを感じたり、慢性的にストレスフルな状態が続いたり、睡眠不足となり交感神経が優位になったりすると男性ホルモンが増えてしまいます。また、生理周期の前後には女性ホルモンの影響で黄体ホルモンというものが過剰分泌されこれが男性ホルモンと構造が似ているために皮脂分泌が過剰になります。

このような男性ホルモンの過剰分泌以外にも大人になってニキビができる原因があり、それが角質が厚みを増す角化が進むことです。この過角化が進むのはターンオーバーの乱れや肌のバリア機能の低下が原因です。老化が進んだことや肌の潤いが減ったことが原因としてあり、肌の保湿をしっかりと行うことが重要です。そこでここでは肌の保湿とニキビの関係、正しいスキンケアの方法について紹介をしていきます。